判断を早くするには?

この記事は約3分で読めます。

AKISPOアカデミーでは、選手と指導者が文書でコミュニケーションをしています。選手側から提出されるコメント用紙を見ると、「ボールを持った時に判断を早くする」と書かれている事がよくあります。

この「判断が早い」というワード。非常に抽象的なものですので、それを課題としている選手本人も何が何だかわかっていないケースがあるのではないでしょうか?改善するにはどうしたらいいのか?全く明確なイメージが湧かないはずです。

結論から言うと、判断を早くできる状況というのは、「やるべき事が明確な」状況です。このやるべき事を明確にするのは、チームが「ゲームモデルを設定する」ということです。

ゲームモデルという言葉を乱暴に説明すれば、「自分たちのサッカー」という言葉です。「チームとしてこういうサッカーをしよう。そのために各場面ではこういう基準でプレーしよう」という構造を選手に落とし込むことができれば、選手は判断基準を持ってプレーできるので早いプレーが可能となります。

例えば、カウンター攻撃をゲームモデルに組み込むチームがあったとします。この時、サッカーの4つの局面で何を基準とすべきかを決めます。

  • 攻撃:まず前方にボールを送ることを考える
  • 守備:自陣深くにブロックを形成し、前向きにボールを奪う
  • 攻撃→守備:ボール近くの選手が素早くプレスをかけ、自陣に守備ブロックを作る時間を生み出す
  • 守備→攻撃:相手守備が整わないうちにボールを前方に送る

いずれもカウンターをしかける為に必要な要素です。これらを「プレー原則」といいます。この原則を頭に入れたチームは、連動してプレーできるので、より強力な集団としての力を発揮します。

このプレー原則が頭に入っていれば、自然とその場面で何を見て、何を考えるべきかがハッキリとします。特にカウンターアタックにおいては、守備→攻撃時に何を見ておくか、何を見るかが重要です。

カウンターアタックをしたいのに、ボールを奪った後にGKにバックパスをして攻撃をやり直すことは少ないはずです(自陣深い位置で押し込まれている場面ではGKからフィードさせることはありえます)。ボールを奪ったらすぐに前方の味方と相手の位置を見るはずです。最初に見るのはGKでないことはまちがいないです。このプレー原則が無いと、最初にGKを見てから前方を見るなど、「見るべき部分」を間違ってしまいます。

プレー原則が決まっていれば、「見るべき場所」が決まっていて、「考えるべき事」も決まります。なので、「見る」という作業が、「考えるために見る」のではなく、「確認の為に見る」という作業になります。見て、原則どおりのプレーが実行できるのであれば、考えるプロセスも省略され、より素早くプレーを実行できます。

ここまでくれば、チームとしてどういう選手を育てたくて、そのためにどういうゲームモデルを持つべきか?という領域に入ります。サッカースクールの仕事としては、設定されたゲームモデルに応じて適切に技術を発揮できる選手を育成し、チーム活動をサポートできればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました