「1対1の突破力が無い」というお話

この記事は約4分で読めます。

「1対1の場面になった時に突破できていない」

試合を見ているとこのような印象を受けることがあるはずです。
「ボールを持ってはいつも奪われる」
「せっかくのゴール前のチャンスなのにチャレンジしていない」
「フェイントを仕掛けるも相手が引っかかっていない」
様々な形で1対1の突破力の無さが観測できます。

私の見解を整理すると、相手との1対1の場面のみを切り取って考えると、正しい理解はできないということです。

数的有利という観点から考える

サイドの相手ゴールに近いところで1対1になった。しかし突破できずに奪われた。このような場合、近くに味方のサポートがあったか?ドリブル突破以外に選択肢を残してプレーしていたか?つまり、数的有利な状況だっただろうか?という観点から考えます。

このような場面で、図の矢印のようなパスをする判断を残したまま、目の前の相手をかわしてシュートを狙うというプレーが重要です。

この場面では、ペナルティエリアにいる味方の斜めの走り込み(ダイアゴナルラン)を囮にして、カットインから右足でシュートを打つというプレーが、「ドリブル突破」という意味では最もゴールに近いプレーです。

このダイアゴナルランが囮になっているというイメージを持ってドリブルするのと、ボールと目の前の相手との関係しか見えていないのでは大きく違います。

1対1の突破力が無いのは、むしろ味方のサポートが無い数的不利な状況で目立つものだと思います。上図のような突破のサポートが2つもある状態でこそドリブルをしかけて相手を揺さぶりたいです。

突破力が無いというのは、ドリブルやフェイントが下手だという意味ではなく、「数的な優位性が無い」のが原因の1つです。

「うちの子はドリブル突破ができない(保護者)」
「アイツは突破力が無い(指導者)」
というのは、特定の選手に特定の位置でドリブル突破をさせる(チャレンジさせる)状況をチームで設計できていないという意味でもあると思います。

ドリブル突破ができないと感じたら、選択肢を持っていたか?数的有利だったか?を基準に見るのも良いと思います。多くの場合、サポートが悪いケースが多々あるはずです。

質的有利という観点から考える

ただ、時折、このサポートが皆無な状況で2~3人かわしてシュートまでいく選手もいます。指導者としては、こういう選手を素晴らしいと評価します。

ただし、再現性がある選手か?と言われると難しいです。そういう選手は簡単に作れないからです。誰しもがそのようになれるわけではないと考えています。メッシが世界に1人なのはまさにそういうことだと思います。

技術的にもスピードでも卓越した選手は相手DFが弱い場合、「質的に有利である」と言えます。私のようなアマチュアのサッカープレイヤーとクリスティアーノ・ロナウドが1対1になった場合、明らかにクリスティアーノ・ロナウド側の質的優位であるといえます。

もちろんこういうケースもドリブル突破を試みるのはアリです。

位置的有利という観点から考える

位置的有利、これはポジショニングによる突破です。

この場面ではこのパス1本でターンしてシュートまで行けます。これは相手守備ラインと同ラインにポジションを取っているゆえに生まれた優位性です。

これが、もっとボールに寄ったポジションであれば、相手をドリブルで抜いてシュートしなくてはいけません。ドリブルで抜くという作業が発生します。

上図のようにボールを受けると相手守備とまともに1対1の場面になります。最初のケースに比べて位置的優位性が無い状況です。

どんなに脚が早くても、自陣ゴール前からドリブルスタートした選手が相手ゴール前のDFを抜くのは無理です。しかし、相手ゴール前で守備と同ラインに並んだ脚の遅い選手でも、1本パスが入ればターンしてすぐにシュートまでいけます。これが位置的優位性。つまりポジショニングということです。

3つの優位性から試合を読み解く

ドリブル突破1つとっても様々な要素が絡んでいることがわかります。

3つの優位性を個人的な要素に置き換えると

  • 数的有利(サポート)
  • 質的有利(身体能力、技術)
  • 位置的有利(ポジショニング)

となります。

このようにゲームを分析する時の1つの方法として上記の3つの優位性という観点から考えることがあります。特に、自チーム(相手チーム)がどこでどの優位性を生み出したいのか?を設計することをポジショナルプレーと読んだりします。サッカー分析のフレームワークとして使える理論です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました